ブログトップ

okabesayaka blog

blogsayaka.exblog.jp

<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

AFTER THE SECOND SOLO EXHIBITION



『LETTERS』岡部清香 展を終えてー



2011
3.11を受け,
自分の存在がどれほど危ういモノかということを痛感し,
それと同時に自分の生に対する強い想いを確認しました。

そして,生きるコト自体がわたしを突き動かしている,
そう感じることとなりました。



枯れてゆく花を眺めながら,
それに自分を重ねたりすることはしませんでした。
むしろ その時間の中に
自分のネガティブな部分を置いてきたように思います。

過ぎていった時間のコトを想うと
悲しく感じることもありますが,
その間 わたしたちは止まってはいませんでした。

カラダとココロを揺さぶられながらも
生きていました。



生きているなら
生きていればこそー





この度は『LETTERS』岡部清香 展をご高覧賜りまして
誠にありがとうございました。
[PR]
by okabesayaka | 2011-12-18 22:30 | WORKS | Comments(4)

LETTERS6

c0220835_2255308.jpg

坂を登った後の
背中の汗が
あなたのTシャツの青を
深く染めた。


わたしはそれを眺めることしかしなかった。
[PR]
by okabesayaka | 2011-12-17 22:57 | WORKS | Comments(0)

LETTERS5

c0220835_20565992.jpg



志を高く
[PR]
by okabesayaka | 2011-12-16 20:59 | WORKS | Comments(0)

LETTERS4

c0220835_21260100.jpg



四という数字と青という漢字。



これはもう血だと思う。

わたしの中を流れているもの。
父から受け継いだもの。
わたしたちの中を流れているもの。

1から9まで集めないと気が済まない。
順番に並べるのが好き。
そして,それを眺めるのが好き。
そんなモノが溜まっていく。


これはもう血だと思う。
[PR]
by okabesayaka | 2011-12-15 21:27 | WORKS | Comments(0)

LETTERS3

c0220835_20582785.jpg



手紙が好き。



もらうのは少しくすぐったいから書く方が好き。

書きながら あなたがその手紙を読んでいるところを想像する。
わたしの気持ちが伝わるかどうかドキドキしたりするけれど,
半分も伝わらないとわかっている。

それでもわたしは手紙を書く。



そして,宛名を書くのが一番好き。



あなたの名前を書いた瞬間から

それは わたしからあなたに宛てた手紙になる。
[PR]
by okabesayaka | 2011-12-14 21:08 | WORKS | Comments(0)

LETTERS2



枯れてゆく百合
潰れてゆく林檎
萎んでゆく檸檬
朽ちてゆく蕃茄

わたしは色鮮やかだった時のそれを知っている。
瑞々しかった頃のそれを知っている。
わたしの手の中で薫るそれらの香りと
存在感のある重みを覚えている。

そして枯れ,潰れ,萎み,朽ちてゆくそれらを見てきた。


その過程は実に美しかった。
百合はあっという間にくすみ,カラカラに乾涸びた。
林檎は時間をかけて柔らかくなり,蜜を垂れ流した。
檸檬は小さくなってしまった今もなお甘い薫りを放っている。
そして蕃茄は原型を留めることなく溶けていった。
それは本当に美しかった。


それらとわたしの間を流れていった時間と空間は
確実に存在していた。
わたしたちが今ここに存在しているように。
[PR]
by okabesayaka | 2011-12-13 21:27 | WORKS | Comments(0)

LETTERS1

c0220835_9352753.jpg

手紙にすると何十枚にもなってしまいそうな想いを

一枚のキャンバスに込める。

                okabesayaka
[PR]
by okabesayaka | 2011-12-12 09:42 | WORKS | Comments(0)