ブログトップ

okabesayaka blog

blogsayaka.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

USELESS LANDSCAPE

c0220835_2211949.jpg























本屋で一冊の本を手に取る。

高校の美術室で先生が読んでくれたことを想い出す。
なぜあの時,先生がこの本をわたしたちに
読んで聴かせることになったのかは全く覚えていない。
わたしが覚えているのは,
狭い美術室の窓から入ってくるやわらかい光と
先生が読んでくれたこの本のタイトルだけ。

『使いみちのない風景 村上春樹=文』

そんな美術室の風景も
「過ぎ去って,二度と戻ってくることのない」
しかし「わたしの人生の確実な一部」があった場所だった。



今,ここへもそれはあるだろうか。
何年か先にこの場所の風景を想い出すことはあるだろうか。


ここへ来て今日でちょうど一年が経った。

わたしはまだ自分の居場所を探している。
[PR]
by okabesayaka | 2011-03-26 22:12 | LIFE

I'M SAFE

弱音を吐くくらいなら全部引き払って帰って来いと母が言う。
大丈夫,貴女は強いのだからと父が言う。

そうだ,わたしは生きている。
わたしは絶対に潰れたりなんかしない。

帰らないつもりで出てきたのだ。
ココを離れ,みんな帰っていくなかで
今年の2月,わたしは残ると決めたのだ。

泣くな!
泣く暇があったら働くのだ。
諦めるな!
悩む暇があったら絵を描くのだ。
わたしなんて そうやってしか生きられないのだから。

気持ちを強く持つのだ。
被災地のことを想えば東京なんて!
電車が動かないなら,いくらだって歩いてやるよ。
停電なんて蝋燭1本あれば何だってできるだろ。



わたしは生きている。



心臓がドクドクいいながら物凄い勢いで血液を運んでいる。

c0220835_22435781.jpg

[PR]
by okabesayaka | 2011-03-16 23:11 | LIFE

READING

c0220835_21493530.jpg

三月。

今月の休みの日は家にこもっていようと思っていたのに
早速,駅前で開催されている古書市に出掛ける。

宮沢賢治の詩集と
梶井基次郎の小説全集と
カフカの小品集を買って帰る。

最近とんと本を読むということをしていなかったから
新しい本との出会いにわくわくした。

でも,なかなか本の時間をもてないのが事実。
映画も観たいし,音楽も聴きたい,
展覧会に行きたいし,写真も撮りたい,
散歩もしたいし,誰かとランチに行きたい,
買い物にも行きたいし,歌って踊りたい。
他にもやりたいコトなんていっぱいあり過ぎて全部中途半端。



わたしの本当にやりたいコトをしよう。



そしてわたしは
描きかけで進んでいなかったキャンバスの上に


新しい絵を描き始める。
[PR]
by okabesayaka | 2011-03-02 21:54 | WORKS

MEMO

c0220835_23233426.gif

c0220835_23321611.jpg

c0220835_0331115.jpg

[PR]
by okabesayaka | 2011-03-02 21:00