「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

okabesayaka blog

blogsayaka.exblog.jp

<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ANALOG


アナログなわたし。アナログがすき。


今日は家を早めに出て仕事の前に『和田誠の仕事』を観てきた。
渋谷のたばこと塩の博物館で。

ポスターや絵本の原画
装丁された本やレコードジャケット
デザインされたマークやロゴ
それから書き下ろしのひとコマ イラストと
キャンバスに描かれた映画の中のたばこ。
作品の点数はそれほど多くはなかったが素敵な作品ばかりだった。

鉛筆の下書き
コンパスで描く円
三角定規で測る平行
太い筆一本でケント紙の上にリキテックスの絵の具を塗っていく。

イラストや文字の色を縁取る線も
色と色の境目も
ベタ塗りされた面も
どれも信じられないくらい丁寧。


わたしはアナログで丁寧な和田誠さんの仕事がすき。


c0220835_23533622.jpg
http://www.jtnet.ad.jp/WWW/JT/Culture/museum/tokubetu/1009_event/index.html





どこかしらで山ほど展覧会が開催されている。
どこかしらで山ほど映画が上映されている。
どこかしらで山ほどライブが行なわれている。

観たいものが山ほどある。
観なければならないものが山ほどある。
[PR]
by okabesayaka | 2010-09-18 23:58 | EXHIBITIONS | Comments(0)

GRATITUDE

c0220835_2117242.jpg

この度は Gallery Q で開催いたしました『FIRST』岡部清香展を
ご高覧いただきまして誠にありがとうございます。

会場でお会いできなくても
展覧会の成功をお祈りくださっていた方々にも
お礼申し上げます。

お陰さまで盛況のうちに終えることができました。
今回の展覧会で学んだことを糧により一層精進して参ります。
今後とも ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

                         岡部清香
[PR]
by okabesayaka | 2010-09-12 21:20 | WORKS | Comments(2)

LAST

c0220835_1163272.jpg

語らないことは無責任なのか。


わたしには語りたいことが山ほどあったはずなのに
それは上手く言葉になって出てきてはくれない。

本当は わたしなんて空っぽな存在なんじゃないかと思わされる。
…いくらわたしの中が空っぽでも





わたしは既に自分の作品を世に出した責任を負っている。


自分の行為を発信させる責任を負っている。
[PR]
by okabesayaka | 2010-09-11 23:59 | WORKS | Comments(0)

FIFTH

c0220835_2235186.jpg

嬉しいけど寂しい。

でも やっぱり嬉しいが勝る。





ずっと暗闇に閉じ込められていた空は
これから一体どんな光を見るのだろう。






http://www.galleryq.info/exhibition2010/exhibition2010-031.html
[PR]
by okabesayaka | 2010-09-10 22:42 | WORKS | Comments(2)

FOURTH

c0220835_21272082.jpg


Gallery Q を選んだ理由。



大学院の修了制作展も近づく11月。
わたしは まだ修了後の行き先すら決めていなかったにも関わらず
修了後に東京の銀座で個展を開くことを先に決めた。

そのために いくつかのギャラリーを歩いて回ったが
ギャラリーの中に入っても
ギャラリストの方に声をかける勇気もなく
作品を見終わったら すぐ出てしまうばかりだった。

一人で歩く11月の東京は冷たく,とても心細かった。



そんな中 Gallery Q に入った時に 何か温かいモノを感じた。
部屋の明るさ,天井の高さ,
壁の白さや質感だけではない魅力を感じた。

奥から出てきたギャラリストの方に
やさしく声をかけていただいた。
その時 展示していた作家さんの作品を丁寧に紹介してくださった。
まるで自分の娘の作品を扱うかのように…丁寧に。

わたしのポートフォリオも一枚一枚見て 感想までくださった。

わたしは嬉しさで一瞬 忘れそうになっていた言葉を
勇気を持って声に出してみた。



個展を開きたいのだと。

それならウチも検討してみてくださいと名刺をくださった。




わたしは初めてをココでしたいと思った。
わたしは初めてをコノ方にお手伝いしていただきたいと思った。



尾道に戻ってから
修了後 半年と決め,迷わず Gallery Q に電話したのだ。










今わたしは自分の感覚を信じることができる。

http://www.galleryq.info/exhibition2010/exhibition2010-031.html
[PR]
by okabesayaka | 2010-09-09 21:49 | WORKS | Comments(0)

THIRD

c0220835_2356188.jpg

久しぶりの雨。

おお雨。


パンプスの足が水たまりにハマっても
気持ちイイから許す。

斜めの角度から降る雨で傘が意味を成さなくても
お気に入りだから許す。



雨の日のギャラリーは静かだ。


お客さんは少なくても
わたしに会いに来てくれる人がいるなんて幸せ。






http://www.galleryq.info/exhibition2010/exhibition2010-031.html
[PR]
by okabesayaka | 2010-09-08 23:58 | WORKS | Comments(0)

SECOND

c0220835_22312887.jpg

褒められると不安になる。

素直に嬉しい気持ちと
わたしはココまでなのかもしれないと不安になる。



批判されると優しさを感じる。

物凄く苦しく悔しい気持ちが去った後,
これから先も続けていく理由が生まれる。






http://www.galleryq.info/exhibition2010/exhibition2010-031.html
[PR]
by okabesayaka | 2010-09-07 22:37 | WORKS | Comments(2)

FIRST

c0220835_23255988.jpg


今を描きたい。
今,この瞬間を描きたい。
空の色が変化する瞬間。
光がモチーフに反射する瞬間。
懐かしい匂いのする瞬間。
誰かのコトを想い出す瞬間。

今という瞬間は今まで一度も経験したことのないものであり
これから先二度と経験することのできないものである。

今わたしに観えている景色も
今わたしが感じている感覚も
今,描きたい。
今,描かなければ。


そして

これがわたしの最初だ。
わたしはここから始まる。
これからの制作活動への意気込みと
日々の全ての瞬間を
わたしのはじめてだと感じていたいという想いを込めて…

                    okabesayaka




http://www.galleryq.info/exhibition2010/exhibition2010-031.html
[PR]
by okabesayaka | 2010-09-06 23:31 | WORKS | Comments(0)