ブログトップ

okabesayaka blog

blogsayaka.exblog.jp

<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

MY FAVORITE BOOTS

24日から26日まで東京へ出掛けて来た。

友人の個展と先生の展覧会の会期が丁度重なっていた。


いつも同じアトリエで制作していて
どの作品も観たことのあるものばかりだったのに
会場でのそれらは とても新鮮に感じられた。
彼女の創る物語の中にゆっくりと導かれる様だった。
良い展覧会だった。

炭田紗季展
会期 : 2009年11月23日(月)〜11月28日(土)
開廊時間 : 11:00〜19:00 (最終日は17:00まで)
会場 : GALLERY b.TOKYO

………………………………………………………………………………………………

東京オペラシティアートギャラリー収蔵品展
奥山民枝
会期 : 2009年10月17日(土)〜12月27日(日)
開館時間 : 11:00〜19:00 (金・土は20:00まで)
会場 : 東京オペラシティーアートギャラリー

先生の情熱にはただただ圧倒されるばかりだった。
やわらかなフォルムとおだやかな色彩が
わたしに力強く語りかけてくる。
「あなたの心は本当に動いている?」と。

………………………………………………………………………………………………

その他に観た展覧会
neoneo展 Part2[女子] (高橋コレクション日比谷)
ヴェルナー・パントン展 (東京オペラシティアートギャラリー)
THE OUTLINE 見えていない輪郭展 (21-21 DESIGN SIGHT)
ルイス・バラガン邸をたずねる (ワタリウム美術館)
レベッカ・ホルン展 (東京都現代美術館)
ラグジュアリー:ファッションの欲望 (東京都現代美術館)

そして,銀座のギャラリーを二十軒程回った。





普段 歩かない距離を歩かない速さで歩かない時間歩いた。
お陰で お気に入りの靴の底が擦り減った。

でも わたしの心は動いている気がした。
c0220835_22584354.jpg

[PR]
by okabesayaka | 2009-11-27 23:04 | EXHIBITIONS | Comments(2)

TRIMMING

18日 水曜日
大学・大学院での先輩の展覧会を観に丸亀に出掛けてきた。

高松明日香展『トリミング』と題された その展覧会は
先輩が撮った写真やネットから拾った画像や映画などを見ながら
画用紙にアクリル絵の具で描いた作品を主に展示していた。

描かれているモチーフは本人が見た目の雰囲気で選んでいるそうで
風景や建物,人物に動物と
特に内容が決まっているわけではなくバラバラである。
しかし,それを作家の目で切り取って描くことにより
魅力的に感じさせる作品を生み出している気がする。
それにプラスして作品の色と筆のタッチが
わたしの心を惹き付ける。
力の入らない自然でやわらかな色とタッチ。

どこか先輩のしゃべり声を聴いている時と似ている感覚になる。
高くもなく低くもなく ちょうどいいトーンで
独特の間を置いて ゆっくりと しゃべるその声は
いつまででも聴いていたくなる。

作品の前に立つと先輩のしゃべり声を聴いているかのようだ。

先輩が わたしの名前を呼ぶ。
先輩は わたしの名前をフルネームで呼ぶ。
そして肩を叩く。
嬉しくて,少し くすぐったい。

先輩に会うと絶対元気になる。


絶対に元気になる。







c0220835_16425939.jpg

高松明日香展 『トリミング』

会期 : 2009年11月14日(土)〜11月23日(月・祝)
開館時間 : 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
会場 : 丸亀市猪熊玄一郎現代美術館 2階造形スタジオ
観覧料 : 無料
関連行事 : 11月14日(土)、21日(土)の14:00からギャラリートーク

※会場の画像は高松明日香さんのブログからいただいてきました。
[PR]
by okabesayaka | 2009-11-20 16:49 | EXHIBITIONS | Comments(2)

COLDNESS

c0220835_23465036.jpg

ほんの少し前まで あんなにも暖かかったのに
いつかを境に冷え込んだ。

身体を左右に揺すっても
ぴょんぴょん飛んで跳ねたりしても
なかなか身体は温もらない。

だからといって部屋に籠ってはいられない。
わたしを誰も止められない。


北風が わたしの背中を押す。




油絵作品の新作を追加しました。
http://www.geocities.jp/okabesayaka/
[PR]
by okabesayaka | 2009-11-15 23:48 | WORKS | Comments(0)